組織紹介

1. 活動の目的

世界最高水準の洋上風力関連研究・教育の拠点形成、再生可能エネルギーの主力電源化への寄与。

<活動の方向性>

  • 1.洋上風力発電産業との緊密な産学官連携(コンソーシアムの形成)
  • 2.洋上風力発電産業を牽引する人材の育成
  • 3.洋上風力拡大・推進に向けた実効的な政策提言
  • 4.日本の環境に最適化された洋上風力技術の研究開発

2. 組織構成

2-1. 組織図

組織図

2-2. 主要メンバー

センター長
九州大学理事・副学長(産学官・社会連携担当)
副センター長(研究担当)
次世代洋上風力発電研究部門長
応用力学研究所
副センター長(渉外担当)
学術研究・産学官連携本部
准教授
マルチスケール洋上風況研究部門長
応用力学研究所
支持構造物・洋上送電研究部門長
工学研究院
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門長
エネルギー研究教育機構
支持構造物・洋上送電研究部門
システム情報科学研究院
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門
マス・フォア・インダストリ研究所
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門
グローバルイノベーションセンター
役割担当者所属
センター長 福田 晋 教授九州大学理事・副学長
(産学官・社会連携担当)
副センター長(研究担当)
(次世代洋上風力発電研究部門長)
胡 長洪 教授応用力学研究所
副センター長(渉外担当)古川勝彦 教授学術研究・産学官連携本部
マルチスケール洋上風況研究部門長内田孝紀 准教授応用力学研究所
マルチスケール洋上風況部門⼭本 勝 准教授応⽤⼒学研究所
マルチスケール洋上風況部門⼩野謙⼆ 教授情報基盤研究開発センター
次世代洋上風力発電研究部門長胡 長洪 教授応用力学研究所
次世代洋上⾵⼒発電部門広瀬直毅 教授応用力学研究所
次世代洋上⾵⼒発電部門吉⽥茂雄 教授応用力学研究所
次世代洋上⾵⼒発電部門杉村丈⼀ 教授⼯学研究院
次世代洋上⾵⼒発電部門⽥中敬⼆ 教授⼯学研究院
次世代洋上⾵⼒発電部門松永久⽣ 教授⼯学研究院
次世代洋上⾵⼒発電部門⼭形幸彦 准教授総合理⼯学研究院
次世代洋上⾵⼒発電部門⽥中宏昌 助教⼯学研究院
支持構造物・洋上送電研究部門長宇都宮智昭 教授工学研究院
⽀持構造物・洋上送電部門後藤浩⼆ 教授工学研究院
⽀持構造物・洋上送電部門栁原⼤輔 教授工学研究院
⽀持構造物・洋上送電部門⼭⽥泰広 教授工学研究院
⽀持構造物・洋上送電部門庄山正仁 教授システム情報科学研究院
⽀持構造物・洋上送電部門佐川康貴 准教授工学研究院
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門長吉田謙太郎 教授エネルギー研究教育機構
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門林 灯 教授エネルギー研究教育機構
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門福本康秀 教授マス・フォア・インダストリ研究所
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門河原吉伸 教授マス・フォア・インダストリ研究所
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門藤澤彰英 教授応用力学研究所
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門倉⽖ 亮 教授システム情報科学研究院
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門早渕百合子 准教授グローバルイノベーションセンター
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門廣瀨 慧 准教授マス・フォア・インダストリ研究所
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門峯 恒憲 准教授システム情報科学研究院
脱炭素エネルギーマネジメント研究部門池⽥⼤輔 准教授システム情報科学研究院